ドクターヘリのメリットと注意点とは

事故で重傷を負った怪我人や、急病で深刻な病状の患者が出た場合には一刻も早く病院に搬送する事が大切です。

病院に搬送すれば専門医が処置する事で、命に関わる様な深刻な状況を脱する事も可能だったりします。病院に急いで患者を搬送する方法としては、救急車に乗せるという方法が一般的です。ですが救急車だと渋滞に巻き込まれたり、病院から離れた場所だと搬送に時間が掛かり過ぎるケースもあります。救急車でも対処が難しいケースであっても、より迅速な対応が可能な点がドクターヘリの魅力です。

ドクターヘリであれば時速200キロを超える速度で移動可能なので、病院から離れた場所にも短時間で駆け付ける事が出来ます。同時に空を飛ぶので渋滞に巻き込まれる等して思う様に移動出来ない、といった事態も回避する事が可能です。更にドクターヘリは名前が示す様に、基本的に救急専門医と看護師が搭乗して現場に駆け付けます。そのため現場に到着して直ぐに医学的な専門知識を活かして、正しく処置して貰える点も安心です。

現場に到着して専門医により効果的な応急処置が行われた上で、素早く病院に搬送する事が出来るので患者が助かる可能性を引き上げる効果が期待出来ます。もっともそんなドクターヘリですが、注意すべき点も存在中です。それは運航は日中に限られており、夜間は利用出来ない点だったりします。夜間にドクターヘリを運航すると視界がしっかり確保出来ないため、高層ビルに激突したり送電線に引っ掛かる等のリスクが高まるためです。もっとも医療救急の需要がより高まる、夜間に活動出来ない点は大きな欠点だと言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *