ドクターヘリに乗り込む医師は難関

救急車では迎えない場所や緊急を要する場合などに、最近は多くなってきているドクターヘリが活躍しています。

とは言っても多くの場合は現場の環境が厳しかったり、大きな災害の場合が多く差し迫った場面が多いのが特徴です。そんな時にはドクターヘリの運転はもちろんですが、医師の力量によって大きく左右されてしまうほどです。限られた設備の中の救出なので、素早い処置と判断、適切な応急処置が必要になるので高いレベルが要求されます。ドクターヘリに同乗する医師は誰でもなれるものではありません。

最初は病院で一般的な医師として経験を積む必要があります。そこで一定以上のスキルと経験を積んだ後に、さらにドクターヘリの医師としての試験を受けて合格しなくてはなりません。つまり医師免許だけではなくドクターヘリの専用の試験にもパスしなくてはならないのです。その試験は難しくて難関ですが、緊急救命の医師としても活躍できます。緊急要請がない時には病院で緊急救命の一般的な医師の仕事もこなします。

要請が出るとヘリに乗り込み現場へ向かうと行く繰り返しです。そのため体力や臨機応変に動ける柔軟性も大切です。基本的には緊急対応している病院の所属医師ですので、まずはそこに就職することが求められます。そこから研修や資格の取得、適正などを見て選抜されますので、決して誰でもなれるものではありません。まだまだ狭き門でフライトドクターの数も十分ではありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *