モービルマッピングのメリットとデメリット

まるでその場にいるようにある地点の情報がわかるモービルマッピングは、今後のさらなる活用が期待されています。

工事や修繕には、その場の状況確認や計測が必要になります。その両方をデータとして蓄積しておくことができるので、一度収集したところであれば後から呼び出して寸法を確認することも可能です。モービルマッピングで取得した情報から詳細な三次元モデルを構築して、計画やシミュレーションに利用することもできるので、防災のためのさまざまな研究にも使うことができます。

地図のように二次元のデータではないので、大型の車両が通れるか、落下してくるようなものはないかなどの確認もできます。そんなモービルマッピングですが、取り扱いに注意が必要な場合もあります。例えば撮影中に写り込んだものによって正確な情報が得られていない場所が存在する恐れがあることです。膨大なデータを取り扱うため、通行人や小動物など一部に意図しない物体が映り込むことでノイズとして全体を歪めるデータになることがあります。

また、更新頻度によっては古い情報になると言うことです。情報を利用する時にはいつ取得したデータかと言うことを常に確認するようにしましょう。せっかく作り上げたシミュレーションも情報が古くては意味がありません。何か更新すべき事象が発生するか、少し時間が経過した時には更新のために再度情報の取得に行く必要があります。常に最新の状態に保つことが重要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *