トンネルの中も測量出来るモービルマッピングシステム

モービルマッピングとは自動車の天井の方にレーザースキャナーとGPSアンテナ、カメラなどといった計測機器を取り付けて移動する移動体計測システムです。

このモービルマッピングの重要性は、道路の状況を瞬時に見極めることが出来ることが挙げられます。道路には普通の道の他にもトンネルや高速道路、橋などが存在するのです。道路も建造物の一種なので、その耐用年数は100年単位となっていますが利用頻度にもよって少しずつ変化していきます。測量を行う場合は、特殊なカメラを使って撮影したり航空測量を行ったりなどといった測定方法があるのです。

こういった測定方法であっても、状況によっては正確な測量が出来ない場合もあります。人海戦術で作業員が測量する方法では測定することが出来る範囲が非常に狭く、効率が良くありません。航空測量は非常に広い面積を測定することが出来ますが、航空機は何度も飛ばすことが出来ないですしトンネルのように上空から見ると隠れてしまう場所は測定することが不可能です。

そういった課題を解決するのがモービルマッピングです。性能が高い測定機器を自動車に搭載することにより移動しながらリアルタイムで測量することが出来ます。車両が移動することにより長い時間に亘る撮影が出来るだけではなく航空測量ほどではなくても、かなり広い面積の立体的なデータを入手することが可能です。何よりも状況を把握することが困難なトンネルの中も測量することが可能なため、トンネルの現在の状況を見極めることが出来ます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *