通信の発展により開発されたモービルマッピング

モービルマッピングは、自動車を走らせながら3次元データを使って測量する非常に新しい通信によるITシステムのことです。

3Dレーザースキャンと全ての方向を撮影出来るカメラ、GPSなどが搭載されている特殊な機材で、自動車が走行するときに見える全ての景色を高い精度で測量します。3次元での画像データを得ることが可能になると景色や道路の状況、マンホールの蓋の位置など詳しい情報を得ることが可能です。このモービルマッピングシステムを利用すれば、およそ半日ぐらい自動車を走らせるだけで100キロメートルぐらいの情報を得ることが出来ます。

IT技術を駆使したモービルマッピングシステムは、データ通信において従来の測量方法を根底から覆しました。これまでの測量方法、通行止めをしながら作業を進めていたのです。通行止めを実施している時間帯に発生する渋滞は、交通事故を発生させるリスクを考慮すると安全性が高い手段とは言えないものでした。

しかし通信に関するIT技術が進歩したことによってモービルマッピングシステムが開発されて、交通量が多い国道や高速道路、県道などをスムーズに測量することが出来るようになったのです。このシステムが開発されたことによって、道路の測量が効率的でなおかつ安全になり測量にかかる時間を非常に短縮することが可能になりました。モービルマッピングは自動車関連会社や土木建築業、地図作成業や測量業など幅広い分野で利用されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *