ドクターヘリは怪我人や病人に命を繋ぐもの

ドクターヘリとは、ヘリコプターの機体の中に救急医療で必要になる道具を備えている物を指します。

機体内にはヘリコプターの操縦士とは別に医師や看護師なども同乗していて、救命医療が必要な患者を運び込んだ後に、いちはやく適切な処置を施す事が可能です。ドクターヘリの事は、別名で救急医療用ヘリコプターと呼ぶ場合もあります。大きな特徴は、早期に患者に手当をほどこすことにより、怪我の回復を早めたり救命率を高めたりする事が可能だという点でしょう。

しかしドクターヘリを運用するための計画や費用や、操縦士との連携をこなすにあたって解決しなければならない問題が多くあるために、わずかな地域で運用されるのみとなっています。テレビなどで特集され話題に出る事が多くなりましたが、それでも必要な場所すべてをカバーするまでには至っていないでしょう。ドクターヘリは普段は病院の敷地内にあり、早期に手当が必要な患者が出た時に使用されます。

しかし天候に左右されるため、いつでも使用できるというわけにはいきません。着陸場所の問題もあり、手当を行うべき患者がいてもその近くに向かえない場合もあります。ヘリが出す騒音や風圧によって周囲に影響が及んでしまうため、広い場所を確保できなければ運用できないのが難点でしょう。民家や建造物が密集している場所や狭い場所には着陸できません。しかし、それらの問題をすれば病院への移動時間を大幅に短縮できるので、人一人を助ける可能性もぐんと上がる事でしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *